EMCジャパンとネットマークス、データ一元管理システムの提供で協業

ニューズフロント 2006年06月15日 20時20分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 EMCジャパンとネットマークスは6月15日、企業内のデータを一元管理するデータマネジメント分野で協業すると発表した。両社は、それぞれの持つストレージ製品とセキュリティ製品を融合させ、内部統制強化を目的とするNASベースのデータ統合システムを提供していく。

 この協業に向け、EMCジャパンはストレージ製品、データ移行ツール、データ管理ツールなどを、ネットマークスはアクセス制御やユーザー認証などを行うセキュリティ製品を担当する。

 両社の製品を組み合わせた情報システム基盤は、高速な遠隔データアクセスを可能とする広域ファイルサービス(WAFS)を利用し、データをIPネットワーク経由で大容量ストレージに集約して一元管理する。企業内のデータを集中化するとデータ保全が可能となり、内部統制を強化できる。

 なお、ネットマークスは、EMCジャパンおよび米EMCの製品をユーザーの要求に合わせて提供する「EMC Velocityパートナー」の契約を、2006年5月30日に締結している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!