MSとベリングポイント、「mySAP ERP」向けデータ統合分野で協業

ニューズフロント 2006年07月06日 21時02分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マイクロソフトとベリングポイントは7月6日、「Microsoft Office Project Server 2003」とSAPジャパンのERPソフト「mySAP ERP」を連携させる「ERPコネクター」の提供で協業すると発表した。マイクロソフトがProject ServerとERPコネクターを、ベリングポイントがコンサルティングと導入支援サービスを提供していく。

 ERPコネクターは、Project Server上のプロジェクト情報とSAPシステム上の人事および会計情報とを統合するソフトだ。両システムのデータを統合して、複数システムの参照とデータの二重入力の必要性を排し、データ入力ミスの軽減やリアルタイムな情報連携を図る。

 データ統合は、Project Server APIを介してXMLファイル経由で実現する。そのため、プロジェクト関連データだけでなく、 製品ライフサイクル管理ソフト「mySAP PLM」との連携も可能だ。「mySAP PLMで作成した製品開発プロジェクトデータとProject Serverを連携させることにより、孤立データの発生を防ぎ、プロジェクト情報の共有を促進する」(マイクロソフト、ベリングポイント)

 協業において、マイクロソフトは日本語版モジュールを開発してSDKとして提供する。ベリングポイントは、顧客のシステム形態に合わせてカスタマイズし、コンサルティングおよび導入支援サービスとして提供する。今後、両社は共同プロモーション活動を展開し、初年度10社、3年後に40社への導入を目指す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR