NTT西日本とNTTスマートコネクト、企業向けのセキュリティサービスを開始

WebBCN (BCN) 2006年07月07日 12時15分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 西日本電信電話(NTT西日本、森下俊三社長)とNTTスマートコネクト(岡本 充由社長)は、中堅・中小企業向けのセキュリティサービス「セキュリティゲー トウェイサービス」を7月6日に開始した。

 同サービスは企業とインターネットデータセンターをNTT西日本のネットワー クサービスで結び、NTTスマートコネクトのASP型セキュリティサービスを提供 するもの。価格は、初期費用が19万円から、月額費用が6万5000円から。

 具体的には、企業とインターネットデータセンター間をNTT西日本の「Bフレ ッツ」と「フレッツ・グループ」で接続、閉域のネットワークを構成すること で第3者への情報流出を防止する。また、インターネットデータセンター内の 最新セキュリティ機能と連動することで、強固なネットワークセキュリティを 確保する。

 さらにNTTスマートコネクトのASP型のセキュリティサービス「netGATE」を 導入することで、アウトソーシング化が可能となり、セキュリティ対策に伴う 運用・保守面での稼動の軽減が見込めるという。

 サービス当初は、「ウィルスメール感染による情報漏えい」「迷惑メールに よる業務効率の低下」などの対策を行う「メールウィルスチェック」、「迷惑 メールチェック」機能を提供。その後はウェブ閲覧時のセキュリティレベルを 高める「Webセキュリティ対策」、外部からの不正アクセスを防止する「不正 アクセス対策」などのセキュリティ対策機能を順次追加していく予定。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!