編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

NTT西日本など、「安心サイト構築・運用サービス」、不正アクセス監視も

WebBCN (BCN)

2006-01-19 11:46

 NTT西日本(森下俊三社長)とNTTスマートコネクト(岡本充由社長)は、インターネットデータセンター(iDC)サービスを利用した「安心サイト構築・運用サービス」の提供を開始した。価格は初期費用が約105万円、月額費用が約21万円。システムの設計・構築から運用・保守をはじめ、セキュリティ診断や不正アクセス監視などのセキュリティサービス、利用企業内のイントラネットとインターネットデータセンター間を結ぶネットワーク回線も含めてトータルで提供する。

 西日本最大級の配信能力と安定性が高いIPバックボーンに直結したiDC内に、あらかじめ選定したサーバーやネットワーク機器などを組み合わせてシステム構築するため、フルオーダーメイドでのサービスよりも、低コスト・短期間でのシステム設計・構築を実現した。

 iDCは建物の耐震性や防災設備に加え、入退室の際の生体認証や共連れ防止ドアなどの設備面でのセキュリティ対策のほか、ソフトウェアに対するセキュリティ対策にも配慮した。24時間365日、顧客に代わってシステムへの不正アクセスをリアルタイムで検知/防御する「不正アクセス監視サービス」や、Webサイトの脆弱性を遠隔で診断する「Webアプリケーションセキュリティチェッ クサービス」などの独自セキュリティサービスも提供する。

 また、経験豊富なサーバー技術者が、ハード、ソフトの設定作業・インストール支援作業、監視・故障対応作業に加えて、日々実施するセキュリティパッチ適用作業など、さまざまな要望に柔軟に対応する。

 NTT西日本は、サービス導入におけるコンサルティングからシステムやネッ トワークの設計・構築、運用・保守を担当する。NTTスマートコネクトは、サービスに必要となるiDCサービスの提供を行う。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]