フランス気象庁に欧州でトップ10規模のスパコンを納入--NEC「SX-8」、最大性能28テラフロップス

吉澤亨史 2006年09月21日 17時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NECは9月20日、フランス気象庁から大規模スーパーコンピュータ「SX-8」シリーズを受注したと発表した。NECが構築するスパコンでは欧州最大規模となる。

 SX-8シリーズは、最大性能28テラフロップスとなるベクトル型のスパコン。第1フェーズとして2006年末までに32ノードをフランス気象庁本部に納入し、現行システムより5倍以上高速なシステムとなる。また、第2フェーズとして今後3年以内にシステムを増設し、現行より最大20倍以上高速なシステムを納入する。

 新システムの導入により、フランス気象庁は衛星やレーダーのデータをより多く予報モデルに取り込むことが可能になり、従来は水平方向10kmであった予報の分解能を2.5kmまで縮小できるため、詳細な気象予報が可能になる。なお、このシステムは欧州に設置されているスパコンの中でもトップ10に入る規模だという。

 NECでは、今回の受注はSX-8シリーズが市場で最も実効性能の高いシステムであることや、数々の納入実績があること、顧客の複雑なシミュレーションの最適化に最高のサポートを提供できることなどが評価されたものとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR