ウルシステムズ、流通業界向けの電子受発注システムをオールインワンで提供

藤本京子(編集部) 2006年10月18日 21時12分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ウルシステムズは10月18日、次世代の流通業向け電子受発注システムの標準となるXML-EDIに準拠したソフトウェア「UMLaut/J-XML」に、サーバやデータベース、通信制御ソフトウェアなどを統合したオールインワン製品を発表した。12月より販売開始する。

 UMLaut/J-XMLは、ウルシステムズが2005年10月に発表した流通業向け受発注ソフトウェア。通常このソフトウェアを導入するには、ハードウェアやデータベースなどを別途購入する必要があった。そのため時間もコストもかかり、XML-EDI普及の障壁となっていたが、オールインワン製品を用意することで、導入時間と導入コストの削減が可能となる。

 同製品は、1台に全てのソフトウェアがインストールされているワンボックスタイプと、複数マシンを利用するラックマウントタイプの2種類があるが、例えばワンボックスタイプだと、従来であれば2000万円以上の導入費用が必要だったものが、2 CPUで850万円からの導入が可能だ。また、導入までの期間も、これまで約3カ月だったのが約1カ月で導入が可能となる。ラックマウントタイプは個別見積もりとなっている。

 ワンボックスタイプで採用するOSや通信ソフトウェアは、Sun Microsystemsから、データベースはSybaseからOEM提供される。

 ウルシステムズでは、今後3年間で大手小売業などを対象に100社以上への販売を目標としている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから