NTT東西、小規模向けIP電話システム「Netcommunity SYSTEM BX」を販売開始

CNET Japan Staff 2006年12月26日 18時04分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTT東日本とNTT西日本は12月25日、小規模事業所や店舗兼住宅、2世帯住宅向けのIP電話システム「Netcommunity SYSTEM BX」の販売を開始すると発表した。

 同製品は、外線として最大2チャネルを収容する小規模事業所や店舗兼住宅、2世帯住宅等向けのIP電話システム。FOMA/無線LANデュアル端末への対応やブロードバンドインターネット接続などが可能な「主装置タイプ」と、電話機に主装置機能を内蔵する省スペースな「主装置内蔵タイプ」の2タイプが提供される。

 価格は主装置タイプが30万5550円、主装置内蔵タイプが28万2450円。販売開始日は主装置タイプが12月27日から、主装置内蔵タイプが2007年2月下旬からの予定となっている。販売予定はNTT東が2万1000台、NTT西が2万9000台としている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!