ビーコンIT、IBM DB2 9を採用したXMLスイート製品を発表

CNET Japan Staff 2007年01月30日 21時59分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ビーコンITは1月29日、XMLデータベースエンジンとして日本アイ・ビー・エム(日本IBM)のXMLハイブリッドデータベース「IBM DB2 9」を組み込んだ3種類の新製品をリリースした。

 今回、リリースされた新製品は、以下の3製品。

  • BeaconIT Data Empowerment Suite for ナレッジシェアリング
  • BeaconIT Data Management Suite for コンプライアンスワークフロー
  • BeaconIT Data Management Suite for データエントリー

 3つの製品は、DB2 9のpureXMLテクノロジとビーコンITのXMLシステム構築のノウハウを連携した次世代XMLベースソリューション。XMLの有用性を最大限に活用しながらテンプレートやアダプタを組合わせたスイート製品として提供される。

 新製品は、ハイアベーラビリティの機能が強化され、事業継続性に貢献。XMLベースのシームレス連携が容易になり、業務改善とIT戦略の強化を支援する。ビーコンITでは、直接販売で展開し、初年度2億円の売り上げを見込んでいる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR