HDE、SMTP特化のゲートウェイ型ウイルス対策ソフトを発表

CNET Japan Staff 2007年02月07日 22時19分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ホライズン・デジタル・エンタープライズ(HDE)は2月6日、SMTPに特化したゲートウェイ型ウイルス対策ソフト「HDE Anti-Virus 4.5 SMTP Gateway」の販売活動を2月27日から開始すると発表した。

 新製品は、メールプロトコルであるSMTPのウイルススキャンに特化したゲートウェイ型ウイルス対策ソフト。メールプロキシサーバとして動作させ、メールサーバの手前でウイルスを検知・隔離することで、ウイルスによるネットワーク負荷の増大を軽減し、クライアントに到達することによる感染リスクを軽減できる。

 HDE Anti-Virusは、Linuxサーバ管理ソフトであるHDE Controllerとインターフェースが統合できることから、Linuxサーバの構築からウィルス対策までを一元的に行いたいユーザーに多く利用されているという。また、HDE Controllerのユーザーの多くは、メールサーバを構築しており、メールに特化したゲートウェイ型ウイルススキャンのニーズがあり、これらニーズに対応するため、HDE Anti-Virus 4.5 SMTP Gatewayを開発している。

 稼働環境は、Red Hat Enterprise Linux AS 2.1/3.0/4、Red Hat Enterprise Linux ES 2.1/3.0/4、Red Hat Enterprise Linux WS 3.0/4、Turbolinux 8/10 Server、CentOS 4、MIRACLE LINUX V4.0。

 価格は、通常版が6万3000円から。乗換版が3万1500円から。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから