インテル、電力効率に優れたサーバー用クアッドコアCPUの出荷を開始

WebBCN (BCN) 2007年03月14日 10時51分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 インテル(吉田和正、ロビー・スウィヌン共同社長)は3月13日、電力効率に優れ、50ワットで動作するクアッドコアCPU「Xeon L5320」「Xeon L5310」を発表した。

 「Xeon L5320」「Xeon L5310」は4つの演算回路(コア)を搭載するクアッドコアCPUで、冷却コストが重視されるインターネット・データセンターのサーバーやブレード・サーバーなど向けに設計。性能を下げることなく、コアひとつあたりの消費電力を12.5ワットまで減らした。同社の80、120ワットで動作するサーバー向けクアッドコアCPUと比べた場合、35-60%程の電力削減を実現したという。

 今回のCPUは、インテルの既存のサーバー・プラットフォーム上で動作するほか、従来のデュアルコアCPU、クアッドコアCPUとのソケット互換性も確保した。国内では、主要なパソコンメーカーなどが最新のクアッドコアCPUを搭載した機種を順次発売する予定。

 価格は、動作周波数が1.86GHz、FSB1066MHz、50W TDP、8MBのL2オンダイキャッシュの「L5320」が、1000個受注時で6万2300円、動作周波数が1.60GHz、FSB1066MHz、 50W TDP、8MBのL2オンダイキャッシュの「L5310」は同5万4600円。ともに3月13日から量産出荷を開始する。

インテル=http://www.intel.co.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR