SOAの対極、「AOS」(新着ブログより)

Joe McKendrick 2007年03月28日 18時50分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ベンダーにせかされてというケースが多いが、今では多くの企業が開発期間の短縮やビジネスアジリティの向上を目指して、サービス指向アーキテクチャを構築する意志を持ち始めている。

 だが、あらかじめひとまとまりになっていて、すぐに利用できるSOAなどというものは存在しない。現時点ではまだ大半の組織がSOAを実現できておらず、むしろ意味的にも字義的にもその反対の「AOS(Agglomeration Of Services:サービスの集約)」という段階にいると思われる。

 SOAとAOSを比較してみよう。

(全文はこちら--「ZDNet.com SOAブログ」)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?