ゼンド、PHPアプリサーバ「Zend Platform 3.0日本語版」のWindows対応版を発表

CNET Japan Staff 2007年04月20日 19時05分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ゼンド・ジャパンは4月20日、ウェブシステムに特化したスクリプト言語であるPHPのアプリケーションサーバ「Zend Platform 3.0日本語版」のWindows対応版をリリースすることを発表した。出荷の開始は、2007年5月下旬を予定している。

 Windows対応版のZend Platform 3.0日本語版は、「Zend Core 2.0」をベースに数多くの拡張機能を搭載。高速化および運用監視を主体とした小規模システムから、複数台によるクラスタリング構成や非同期バッチ処理を必要とする大規模なミッションクリティカルシステムまで、幅広いニーズに対応する。2007年3月23日には、すでにLinux対応版がリリースされていた。

 価格は、Zend Platform 3.0 Performance Management Server年間ライセンスの1CPUが15万円、2CPUが22万円、4CPUが40万円。Zend Platform 3.0 Enterprise Server年間ライセンスの1CPUが50万円、2CPUが75万円、4CPUが135万円。

 なお、ゼンドでは、Zend Core 2.0のサポートサービスと日本語GUIをセットにした「Zend Network 日本語版」のリリースも2007年5月下旬に予定している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから