日本SGIの「SiliconLIVE!」がWiMAXに対応--WiMAX市場開拓を支援

2007年04月25日 14時17分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本SGIは4月24日、同社のコンテンツ総合管理ソリューション体系「SiliconLIVE!(シリコンライブ!)」などの自社ソリューションを、新しい無線高速データ通信の規格である「WiMAX(ワイマックス)」に対応させていくことを発表した。合わせて、同規格の市場開拓を支援し、普及を推進していくという。

 WiMAXは、現在普及している「Wi-Fi」などの無線LAN規格をより高速、高品質に進化させたもの。すでに米国や韓国、バングラディシュで商用サービスの開始準備が進んでおり、日本でも通信事業者や携帯電話事業者などが実証実験に取り組んでいる。

 日本SGIでは、日本で2008年に予定されている商用サービスの開始に向け、WiMAXへの対応を進めていく。具体的には、SiliconLIVE!ソリューションを、WiMAXを採用した高速ワイヤレス環境のインフラにおいて稼動させ、リッチコンテンツの流通・配信基盤を拡充する。まずは、ユビキタス・モニタリング・サーバ「ViewRanger」でのWiMAX対応を進め、適用分野の拡大を図るという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!