wizpyを持ち街に出よ!--第2回:コンセプトは興味深いが仕事で使うには若干の課題も……

福田昌弘 2007年05月02日 12時20分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 デジタルメディアプレーヤとしても機能するwizpyをPCに接続して起動すると、独自のデスクトップ環境が表示され、メールクライアントやブラウザが利用できる。つまり、wizpyさえ持っていれば、いつでも、どこにあるPC上でも、使い慣れたアプリケーションを呼び出し、情報を受け渡せることになる。

 前回は、wizpyの概要を示した。今回は、wizpyで用意されているブラウザやメールクライアントを実際に使い、その使用感を紹介する。

メールはThunderbirdで……

 現在、多くの読者がもっとも頻繁に使うアプリケーションは、メールクライアントではないだろうか。少なくとも、筆者はそうだ。メールクライアントなしには、仕事も、恋愛も、飲み会さえもできない。そこで、まずはwizpyで用意されているメールクライアントを使ってみる。

 wizpyでは、メールクライアントとしてMozilla Thunderbirdが用意されている。すでにご存じのことだろうが、Thunderbirdは、迷惑メールフィルタやRSSリーダーを備えた無償のメールクライアントだ。

 wizpyを接続してPCを起動し、ログインしてデスクトップを表示する。そして、[メニュー]をクリックし、[プログラム][インターネット]と順にポイントして[メール]をクリックする。[メール]をクリックすると、Mozilla Thunderbirdが起動する。

 初めてThunderbirdを起動したときには、メールを送受信するためのアカウントを作成するウィザードが表示される。ウィザードの指示に従って適切な値を指定することで、Thunderbirdがメールクライアントとして利用できるようになる。

 ウィザードによる設定を終えたら、早速メールを受信してみる。ちなみに、ここでは、あらかじめテスト用に作成しておいたメールを受信している。

メールの受信 Mozilla Thunderbirdによるメールの受信。

 テストのために受信するメールには、あらかじめZIP形式の圧縮ファイルを添付しておいた。この添付ファイルをThunderbirdからホームディレクトリ下のフォルダtmpに保存し、ファイルマネージャで展開する。ファイルマネージャでは、圧縮ファイルをダブルクリックすることで、その内容を確認できる。

 今回メールに添付した圧縮ファイルには、“Dummy.doc”というMicrosoft Wordファイルと、“Dummy.xls”というMicrosoft Excelファイルを収めた。この2つのファイルをExpandというフォルダにドラッグアンドドロップして、圧縮ファイル内から取り出す。

添付ファイルの展開 メールに添付した圧縮ファイルの展開。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!