日本ラドウェア、アプリセキュリティ製品「DefensePro」新モデルを販売開始

CNET Japan Staff 2007年05月23日 17時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本ラドウェアは5月22日、アプリケーションセキュリティ製品「DefensePro」を機能強化した中小規模システム向けモデル「DefensePro-x02(DP-x02)」シリーズと、大規模システム向けモデル「DefensePro-x20(DP-x20)」シリーズの販売を開始した。初年度3億円の売り上げを目指す。

 新製品は、どちらも攻撃や侵入に対する防御をハードウェアベースで行うエンジン「SME(String Match Engine)」を搭載する。これにより、性能の劣化を防ぐとともに、攻撃パターンの自己学習を可能にした。

 新モデルでは、SIPサーバ、ソフトフォンなどのVoIPシステムをSIPプロトコル違反から保護し、シャットダウンやDoS攻撃、悪質な乗っ取りを防止することができる。また、IPv6に対応することで、IPv6プロトコルを使用したDoS攻撃防御などに対応する。

 DP-x02シリーズは、100Mbpsから500Mbpsまで、スループットの段階的なアップグレードが可能。DP-x20シリーズは、600Mbpsから3Gbpsまでに対応する。

 価格は、DP-x02シリーズがオープン、DP-x20シリーズが835万円から。5月に出荷する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!