編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

ネットマークス、システムログをネット経由で収集/分析するアプライアンス製品

ニューズフロント

2007-04-26 16:52

 ネットマークスは4月25日、ネットワークに接続されたさまざまなシステムのログを集中管理するとともに、分析やレポーティングが行える装置「Network Intelligence ENGINEアプライアンス」を発表した。5月に販売を開始する。税別価格は620万円から。

 この装置は、ネットワーク経由でスイッチやアプリケーション、サーバ、セキュリティツールなどのログを収集し、リアルタイムでモニタリング、分析、レポーティングできるアプライアンス製品。複数のログを統合して一元管理することで、ログ間の相関分析や時系列分析などが可能となる。

 監視対象システムにエージェントを導入することなく、100種以上の機器からログを収集できる。ログの内容について任意の条件を設定し、アラート出力や、管理者へのメール通知、コマンド実行などが行える。レポート出力は、金融商品取引法(日本版SOX法)による規制などに対応した800種類以上のテンプレートで作成できる。

 ネットマークスでは、同装置とストレージシステムによる「ログ統合管理ソリューション」を展開し、初年度3億円の売り上げを見込む。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]