ファストサーチ、企業向け検索基盤ソフトの最新版「FAST ESP 5.1」

ニューズフロント 2007年06月13日 21時16分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ファストサーチ&トランスファは6月13日、検索プラットフォームソフトの最新版「FAST ESP 5.1」の販売を開始した。

 FAST ESPは、既存インフラおよび構築中のインフラに組み込める検索プラットフォーム。特徴として、ファストサーチは(1)短い導入期間、(2)保有するデータ資産の容易な再利用、(3)ユーザーフレンドリかつ関連適合性の高い適切な検索結果を挙げる。

 これまでも80種類以上の言語に対応していたが、最新版では「日本語を始めとするアジア圏の言語のサポートがよりいっそう強化された」(ファストサーチ)という。そのほかには、拡張性、セキュリティ、管理機能の強化を図った。

 ファストサーチでは、「企業における意思決定の迅速化を図り、生産性の向上、そしてITインフラの有効活用による総所有コストの低減に貢献したい」としている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!