Linuxでゼロから作るメールサーバ--第7話:DNSサーバの設定

サイオステクノロジー Linuxシステムテクノロジー部 2007年07月17日 13時01分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 前回はついにサーバマシンへのRed Hat Enterprise Linuxのインストールを終えた赤井君と服部君。今回は、メールをきちんとサーバへ届けるために重要な「DNSサーバ」を動かすための設定を行います。これまでとくらべてちょっとレベルが上がりますが、赤井君はついてこられるでしょうか?

DNSはインターネットの「電話帳」

服部(以下:服):インストールもできたし、次は「DNSサーバ」の設定だ!

赤井(以下、赤):あのさ、DNSサーバって何をするものなの?

服:以前、俺たちのサイト用にドメイン(eo3ke.com)を取得しただろ。そのドメインの名前や所在をお知らせするサーバってとこだな。この設定を正しく行わないと、お客さんからメールを送ってもらっても届かなくなってしまうんだ。

先輩:そう! DNSとは「Domain Name System」の略。その主な役目は、ドメイン名(ホスト名)とIPアドレスをひもづけることなのであーる!

赤:あ。南さん、起きたのですね。さすがに昨日は飲みすぎましたね。

先輩:飲みすぎた、飲みすぎた、はっはっはっはっ!!

赤:ところで、「ひもづけ」って、具体的にはどういうことなんでしょう?

先輩:つまりだな、DNSを使うと、「sios.com」のように表示されるドメイン名から「203.167.53.129」のように表示されるIPアドレスを見つけ出したり、その逆が可能になるのだよ。ちなみに、「ドメイン名からIPアドレス」を見つけることを「正引き」と呼び、その逆を「逆引き」と呼ぶんだ。

赤:なるほど。

服:インターネットに接続されているコンピュータ同士は、IPアドレスを使って通信するんだけれど、このDNSの仕組みがあるから、ユーザーは数字が羅列されているIPアドレスを意識せずに、覚えやすいドメイン名で、インターネット上の各サービスを利用できるんだよ。

赤:そうか! 仕組みはよくわからないけど、つまり、名前から電話番号を検索したり、電話番号から名前を検索したりすることができる、そんな電話帳だと考えればいいのかな。それはきちんと設定しないといけないね。

先輩:そのとおりだ、赤井くん! DNSの設定を正しく行わないと、サーバへのアクセスができなくなるから、ここは正確に設定しないといけないぞ! わっはっはっ!!

服:……先輩、まだテンション高いっすね。今日は仕事じゃないんですか?

先輩:土曜日だし、会社は行かなくても大丈夫だ。

服:じゃあ、先輩、DNS設定にもお付き合いをお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
OS

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?