富士通、独シーメンスと手のひら静脈認証ビジネスで協業

藤本京子(編集部) 2007年08月02日 21時25分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 富士通と独SiemensのITソリューションサービス事業部門であるSiemens IT Solutions and Servicesは8月2日、手のひら静脈認証ビジネスで協業すると発表した。

 Siemensは、同社の生体認証ソリューション「ID Center」に、富士通が開発した手のひら静脈認証装置「PalmSecure」を採用する。ID CenterとPalmSecureの2製品の融合により、Siemensが手のひら静脈認証を用いた新しい生体認証ソリューションを開発し、グローバルに提供する。

 手のひら静脈認証装置PalmSecureは、手のひらに近赤外線を照射して静脈パターンを読み取り、登録済みの静脈パターンと照合して本人確認するもので、非接触で認証できるのが特徴。そのため、病院やATMなど、より衛生的な認証が求められる分野での使用に適している。手のひら静脈は、体内情報のため複製することが困難なほか、指紋認証と違ってケガや汚れの影響を受けにくい。

 PalmSecureは、すでに日本国内だけでなく世界の金融機関、病院、大学、自治体などで幅広く採用されている。SiemensのID Centerは、特に高度なセキュリティ管理を実現するもので、公的機関や医療、産業分野を中心に世界中で導入されている。

 今回の協業で富士通は、特に欧州地域におけるPalmSecureのグローバルビジネスを加速させたいとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR