編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

富士通、手のひら静脈認証ソフトを無償ダウンロード配布--ERPなどの購入者向け

ニューズフロント

2006-10-02 19:31

 富士通は10月2日、PC向けの手のひら静脈認証ソフトウェアを無償ダウンロード配布すると発表した。同社が発売するERPなどのパッケージ製品にダウンロード用チケットを添付し、2007年3月末まで期間限定で提供する。

 無償配布するソフトウェアは、富士通が開発した非接触型の手のひら静脈認証技術を使い、Windowsのログインシステムにバイオメトリクス機能を付与する。ID/パスワードの盗難/忘却、不正使用、なりすましなどの対策に効果を発揮するという。利用には別途、パソコンに接続する静脈センサーなどの機器が必要になる。

 ネットワーク対応の据置き型装置に登録された静脈データで個人認証を行う「SMARTACCESS/Premium」と、ICカードやUSBトークンに登録された静脈データで個人認証を行う「SafetyDomain for Bio」の2種類を用意する。

 各パッケージのクライアント台数に応じて、最大1000個までソフトウェアの使用ライセンスを提供する。対応する主なパッケージは、以下の通り。

  • 中堅企業向けERP:GLOVIA smart(11月予定)
  • 会計:GLOVIA/SUMMIT V、GLOVIA smart 会計GLOVIA-C XI、GLOVIA-BP V2 会計
  • 人事給与:GLOVIA-BP V2 人事、GLOVIA-BP V2 給与
  • 生産管理/SCM:GLOVIA-C XI生産PRONES、GLOVIA MES、GLOVIA/SCP(Enterprise、FA、FK、FP、FPA)
  • バイオ:ACD V9
  • 製薬:Report@Extra、TICTAC、DM-21 V4
  • 総務ワークフロー:GLOVIA/MyOFFICE、ExchangeUSE
  • 暗号化:FENCE-Pro V4
  • 自治体業務:InterCommunity21

 同社ではキャンペーンサイトを通じて情報提供を行う。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]