編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

富士通、手のひら静脈認証ソフトを無償ダウンロード配布--ERPなどの購入者向け

ニューズフロント

2006-10-02 19:31

 富士通は10月2日、PC向けの手のひら静脈認証ソフトウェアを無償ダウンロード配布すると発表した。同社が発売するERPなどのパッケージ製品にダウンロード用チケットを添付し、2007年3月末まで期間限定で提供する。

 無償配布するソフトウェアは、富士通が開発した非接触型の手のひら静脈認証技術を使い、Windowsのログインシステムにバイオメトリクス機能を付与する。ID/パスワードの盗難/忘却、不正使用、なりすましなどの対策に効果を発揮するという。利用には別途、パソコンに接続する静脈センサーなどの機器が必要になる。

 ネットワーク対応の据置き型装置に登録された静脈データで個人認証を行う「SMARTACCESS/Premium」と、ICカードやUSBトークンに登録された静脈データで個人認証を行う「SafetyDomain for Bio」の2種類を用意する。

 各パッケージのクライアント台数に応じて、最大1000個までソフトウェアの使用ライセンスを提供する。対応する主なパッケージは、以下の通り。

  • 中堅企業向けERP:GLOVIA smart(11月予定)
  • 会計:GLOVIA/SUMMIT V、GLOVIA smart 会計GLOVIA-C XI、GLOVIA-BP V2 会計
  • 人事給与:GLOVIA-BP V2 人事、GLOVIA-BP V2 給与
  • 生産管理/SCM:GLOVIA-C XI生産PRONES、GLOVIA MES、GLOVIA/SCP(Enterprise、FA、FK、FP、FPA)
  • バイオ:ACD V9
  • 製薬:Report@Extra、TICTAC、DM-21 V4
  • 総務ワークフロー:GLOVIA/MyOFFICE、ExchangeUSE
  • 暗号化:FENCE-Pro V4
  • 自治体業務:InterCommunity21

 同社ではキャンペーンサイトを通じて情報提供を行う。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]