Google、クリック詐欺対策を強化

原井彰弘 2007年08月20日 15時49分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ウェブ上の広告サービスにおいて、広告掲載者が広告収入を得る目的、もしくは、広告主の競合他社が妨害目的で不正なクリックを行う、いわゆる「クリック詐欺」が問題になっている。Googleが提供する広告サービス「AdWords」では、このクリック詐欺から広告主を守るためにさまざまな取り組みが行われている。

 今年の6月、特定のネットユーザによる不正なクリックから広告主を保護するために、Googleのクリック品質チームは「IPアドレス除外サービス」を開始した。このサービスは、特定のIPアドレスからアクセスがあった際に広告を表示しないように広告主が指定できるサービスで、最大20までのIPアドレス(または、IPアドレスの範囲)を指定することが可能である。

 また、Googleでは情報提供にも力を入れ始めている。16日、Googleはクリック詐欺に関するサイト「Ad Traffic Quality Resource Center」を開設したことを、AdWordsの公式ブログで明らかにしている。このサイトでは、クリック詐欺に関する情報提供が行われるほか、広告主がGoogleに直接メールで質問を行うこともできるようになっている。

 Googleでは、ブログの投稿中で「クリック詐欺の単純な解決策は存在しない」とし、広告主を守るための様々な努力を説明している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!