Firebirdに複数の脆弱性

原井彰弘 2007年08月31日 19時03分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 30日(現地時間)、デンマークのSecuniaはオープンソースのSQLデータベースエンジン「Firebird」に複数の脆弱性が発見されたことを発表した。

 今回発表された脆弱性は4つ。危険度は5段階の下から2番目「Less critical」。詳細は次の通り。

  • イベント登録リクエストの処理にエラーがあるため、XNETで接続されたクライアントからFirebirdサーバをクラッシュできる可能性がある。
  • ネットワークパケットの処理にエラーがあるため、大量のパケットによってCPUの負荷やメモリの消費量を増大させられる可能性がある。
  • サービスAPIの呼び出しにまだ特定されていないエラーが存在し、DoS攻撃の危険がある。
  • 「attach database」や「create database」コマンドで「MAXPATHLEN」よりも長いファイル名を渡した場合に、特定されていない脆弱性が存在する。

 これらの脆弱性は、Firebird 2.0.2以前のバージョンに存在する。Firebirdの利用者は、至急2.0.2にアップデートされたい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?