Apache Tuscany、SCA Java 0.99-incubatingをリリース

原井彰弘 2007年08月31日 19時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Apache Tuscanyプロジェクトは31日、Java SCAプロジェクトの新しいバージョン「Apache Tuscany SCA Java 0.99-incubating」をリリースした。

 Apache Tuscanyは、SOA技術の仕様の一つであるSCA(Service Component Archetecture)の実装を行うプロジェクト。サブプロジェクトであるJava SCAプロジェクトは、Tuscanyの中核となるプロジェクトであり、サービスを構成する際にプログラミング言語に依存しないサービス指向のモデルを定義する。仕様はSCA specification 1.0に準拠している。

 今回のリリースでは、より忠実にSCA specification 1.0へ準拠するようになったほか、分散SCAドメイン、SCAポリシーなどへのサポートが追加された。また、起動時間が短縮されてメモリの使用量も削減されたほか、多数のバグの修正も行われた。

 今回のリリースは、最終リリースである1.0の前段階のリリースとなる予定である。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?