JavaFX APIのReferenceがバージョンアップ

荒浪一城 2007年09月07日 14時31分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 9月6日(米国時間)Sun Microsystemsは、「JavaFX API Reference Version 0.2」を公表した。

 JavaFXは、Javaテクノロジーを利用したGUIベースのコンシューマー向けのRIA(リッチインターネットアプリケーション)のひとつ。Adobe Flex(Adobe AIR)やMicrosoft Silverlightなどと競合するプロダクトだ。

 今回のJavaFX APIは、まだバージョン0.2ということもあり、もの足りない感じがするものの、ドキュメントが充実することは、デベロッパーにとってはありがたいことだ。JavaFX関連の情報の日本語化は、横河電機の櫻庭祐一氏が一人で行っている。日本語化に興味のある読者は、ぜひ「Java in the Box」などから櫻庭氏にコンタクトを取ってもらいたい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!