Linux技術者認定試験の受験者総数、国内で延べ8万人を達成:LPI-Japan

荒浪一城 2007年09月28日 19時43分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 9月27日、Linux技術者認定機関の特定非営利活動法人 LPI-Japanは、全世界におけるLinux技術者認定試験(LPIC)の受験者総数が、延べ15万人を達成したと発表した。日本国内では受験者総数が延べ8万人を達成したという。

 国内においては、2000年10月の日本語試験開始以来、2007年8月末に国内の受験者総数が延べ8万人の実績を達成した。受験者数の推移としては、ここ数年、年間約2万人のペースで推移しており、月間受験者数としては平均約2000人前後の規模で実施されている。

 また、現在LPIC認定試験は、レベル1、レベル2、レベル3の3段階を実施しており、認定者の総数は、レベル1が2万2000人、レベル2が5000人を上回り、LPIC認定者の合計は2万7000人を越えているとのことだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
運用管理

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!