ストールマン氏、1年ぶりの来日が決定:フリーソフトウェア運動を語る

荒浪一城 2007年10月02日 19時14分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 10月1日、特定非営利活動法人フリーソフトウェアイニシアティブ(Free Software Initiative of Japan:FSIJ)は、10月24日にRichard Stallman氏による講演会を、東京・秋葉原で開催する。講演のタイトルは「フリーソフトウェア運動とGPLv3の現在」。

 Stallman氏はフリーソフトウェア財団(Free Software Foundation)代表で、ソフトウェア開発者、フリーソフトウェア運動家。1983年、フリーソフトウェア(自由なソフトウェア)を開発するためにGNU Projectを開始し、1985年に同財団を設立。GNU Emacs、GDB、gccなどを開発した中心人物と知られる。なお、Stallman氏は、およそ1年前の2006年11月にも来日、GPLv3に関して講演している

 今年は、フリーソフトウェア運動とは何か、なぜフリーソフトウェアが重要なのかを語るとのことだ。

 講演会の参加費は無料で、定員は130名。申し込みなどの詳細は、FSIJのウェブサイトを参照して頂きたい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!