Excelがなぜすごいのか?(新着ブログより)

米野宏明(マイクロソフト) 2007年10月22日 20時41分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Excel のすごさは、最強の エンドユーザ コンピューティング ツールであること。関数やマクロでユーザーが自分の欲しいアプリケーションを自分で作ることができる。コンピュータは本質的に計算機ですから、計算ソフトである Excel は開発環境としてもってこい、なわけです。だとしたら、より効率的で簡単な開発言語が登場したら代替されるのでしょうか?AJAX?マッシュアップ?いや、それは無いですね。

それとも関連するのですが、もう一つのすごさを、「日経コンピュータ フォーラム 2007」 のあるトラックでパネルディスカッションに登壇して理解しました。Excel は、あ、いや、Excel と呼ぶのが気に入らないのでしたらスプレッドシートでもいいんですが、人間のものの考え方にすごく近い使い方ができるのです。

(全文はこちら--「大競争時代のBI活用術」)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?