LinuxでWindowsプログラムを利用できる「Wine 0.9.49」リリース

荒浪一城 2007年11月12日 19時50分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 11月9日、Linux上でWindowsプログラムを利用できる「Wine 0.9.49」がリリースされた。

 WineはX、OpenGL、UNIX上におけるWindows APIのオープンソース実装。Windowsプログラムを動かすための互換性レイヤとして動作する。非マイクロソフトコードから成るWindows APIの代替実装だ。また、Wineは任意にWindowsネイティブのDLLを使用することもできる。Wineでは、WindowsソースコードをUNIXに移植するための開発ツールキットと、プログラムローダーの両方が提供される。

 今回のリリースでの主な変更点は下記のとおり。

  • Direct3Dに代わり、GLSL(OpenGL Shading Language)がデフォルト言語となった
  • メモリエラーを多数修正
  • TOPMOSTウインドウをサポート
  • inetcomm dllの実装を開始
  • 多数のバグ修正

 詳細な情報に関しては、リリースノートを参照していただきたい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから