マルチコア対応大幅強化―FreeBSD 7の登場は2008Q1

後藤大地(オングス) 2007年12月04日 13時46分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 次期FreeBSDとなる「FreeBSD 7.0」のリリースが2008年1月14日になりそうだ。リリースエンジニアリングが開始された当初、2007年12月中のリリースが予定されていたことから、約1カ月先延ばししてのリリースになる。同時にリリースが予定されている6系の最終バージョン「FreeBSD 6.3」は11月23日にリリース予定。

 FreeBSD 7.0はマルチコア/プロセッサの性能やスケーラビリティが向上するブランチだ。すでに8コアでMySQLやPostgreSQLが優れたスケーラビリティを発揮することが確認されている。ただし、性能がそれほど伸びない例も報告されており、汎用的なスケーラビリティと優れたパフォーマンスが発揮されるのはULEスケジューラがデフォルトになり、報告されている問題が解決されるであろう7.1以降になるとみられる。

 エッジサーバの性能を向上させるにはマルチコア/マルチプロセッサ構成のハードウェアをいかに活用できるかが重要だ。その点でFreeBSD 7系はパフォーマンスとスケーラビリティが向上する重要なブランチになるだろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?