MacでWindowsを動かす仮想化ソフト、おすすめの構成はコレ!(ZDNet Japanブログより)

鶴田展之(qnote) 2007年12月20日 13時25分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 個人的にはすべての仕事をMac OS Xだけでやりたいぐらいなのだが、どうしてもWindowsが必要になる局面というのも多々ある。Web系のシステム開発ではInternet Explorerによる動作検証は欠かせないし、某銀行のオンラインバンキングもIE6にしか対応していなかったりする。(IE7でも一応使えるが不具合頻発orz。)また、「会計・給与・販売管理の統合パッケージ」も、Mac OS X版で実績のあるソフトはほとんど無いに等しい。

 そこで大きな力を発揮するのが、Leopardから正式にMac OS Xのひとつの機能として搭載された「Boot Camp」、そして「Parallels Desktop」や「VMWare Fusion」のような仮想化ソフトウェアである。ユーザとしてはMac上でWindowsも使える手立てがたくさんあって大助かりなのだが、ここで問題なのは「じゃあ、一体どれが一番いいの?」ということだ。

全文はこちら--「猫科の手も借りたい」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
OS

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!