国内ITソリューション市場は今後も堅調に推移と予測--IDC Japan

奥山順子 2008年02月21日 20時09分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 IDC Japanは2月21日、国内ITソリューション市場規模予測を発表した。

  発表によると、2007〜2012年の年間平均成長率(CAGR)をみると、CRMソ リューション市場はカスタマーサービス、コンタクトセンターで大規模なシステム構 築が行われたことにより堅調に推移、CAGRは6.0%で2012年に6245億円を見込む。

  また、ERPソリューション市場はコンプライアンス対応からパッケージへのIT 投資が活発化し、CAGRは5.4%で2012年に1兆1635億円に達すると予測している。

  さらにSCMソリューション市場は国際競争力強化のためのTTM短縮には必須なこ とから、CAGRは4.9%で2012年には379億円と堅調に推移するとしている。

 同社のソフトウェアグループマネージャーの赤城知子氏は「ベンダーは業種や 業務に深く精通した現場感覚を持つプロフェッショナルな人材の確保と強固なエコシ ステムによる相乗効果を狙い、ユーザー企業に長期的なコミットを打ち出すべきであ る」と述べている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!