グーグル、ウェブアプリ開発ツール「GWT 1.5」製品候補版を公開へ

文:Stephen Shankland(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2008年05月28日 13時36分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

UPDATE Googleは今週末、「Google Web Toolkit(GWT)1.5」の製品候補版をリリースする予定だ。同ソフトウェアは、高度なウェブベースソフトウェアの記述を容易にすることを目的としている。

 GoogleのGWT担当エンジニアリングマネージャーBruce Johnson氏によると、GWT 1.5は、Sun Microsystemsが2006年にリリースしたプログラミング言語Java 5のサポートを含んでおり、複雑なウェブアプリケーションにおいて約1.2~2倍の速度で動作するソフトウェアの開発が可能だという。

 GWTは、ウェブをより高度なソフトウェア環境にしたいというGoogleの考えをさらに押し進めるものとなる。Googleは米国時間5月28日および29日、サンフランシスコでGoogle I/Oカンファレンスを開催するが、そこでもこの考えが示されることとなる。Johnson氏は、ウェブはすでに、ソフトウェアの基盤としての能力でパーソナルコンピュータに「かなり近づいている」と考えている。

 Johnson氏は、「われわれがこれまで見てきた限り、今後ブラウザとデスクトップアプリのどちらをターゲットにするかについては、もはや疑問の余地はない。ほぼすべての新しく刺激的なアプリケーションについて、ブラウザをターゲットにすることになる」と述べ、さらに次のように続けた。「一部のウェブアプリケーションについては、すでに機能性でデスクトップアプリを上回っている。ただ、ビデオ編集といった極めて低遅延のアプリケーションについては、あと2~3年かかるだろう」

 Googleは、人々をデスクトップからウェブに移行させようとしている。その狙いは、同社の主な収入源であるインターネット検索を促進することにより、間接的に利益を得ることにある。また同社は、企業が表計算やカレンダーといったGoogle Appsを利用する場合に徴収する利用料など、直接利益は入るが、はるかに小規模のビジネスも手に入れた。また同社は、Google I/Oカンファレンスで、Google App Engineサービスのヘビーユーザー向け料金を発表する。Google App Engineは、ウェブアプリケーションをホスティングするためのサービスだ。

 App Engineは4月に発表され、現在のユーザー数はおよそ6万人に上る。Googleによると、利用は無料だが、ストレージ容量は500Mバイト、毎月およそ500万ページビューという条件付きだという。Googleは28日、App Engineに既にサインアップした15万人に加え、同サービスの利用を希望するすべての人々に公開する。

 さらにGoogleは、プロセッサコアワーク1時間当たり10~12セント、毎月ストレージ1Gバイト当たり15~18セント、データ送信1Gバイト当たり11~13セント、データ受信1Gバイト当たり9~11セントを徴収する。App EngineとAmazonが提供する競合サービスの大まかな料金体系はほぼ同じだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!