インテル、「Intel Developer Forum」を間もなく開催--議題の中心は低電力

文:Brooke Crothers(CNET News.com)
翻訳校正:ラテックス・インターナショナル 2008年08月19日 13時22分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Intel Developer Forum」(IDF)が米国時間8月19日、サンフランシスコで幕を開ける。議題の中心になるのは低電力だ。

 2008年のIDFの注目の的は間違いなく、まもなく登場する「Nehalem」プロセッサ「Intel Core i7」だ。この新しいマイクロアーキテクチャには、チップ間の通信を高速化する「QuickPath」やオンチップメモリコントローラなど、エンドユーザーにはよくわからない難解なテクノロジが満載だが、バッテリ寿命の向上により、すべてのユーザーが電力効率の向上という恩恵を受けられる。

 Endpoint Technologiesの創設者で社長のRoger Kay氏は、「(Nehalemは)アーキテクチャの変更であるため、違いがわかりにくい。変更の多くはエンドユーザーに見えないところで行われている。しかし、最も注目すべき(変更の)1つは省電力だ」と述べている。

 しかし、多くのユーザーがこれを目にするには、Nehalemモバイルプロセッサが市場に登場するまで待たなければならないが、「Nehalem搭載ノートPCでは、バッテリ寿命が劇的に長くなるはずだ」とKay氏は述べている。Nehalemモバイルチップの登場は2009年になる見通しだ。

 全体として、パフォーマンスの向上と消費電力の抑制を両立したNehalemは、Intelのこれまでのアーキテクチャよりも優れている。たとえば、Nehalemクアッドコアデスクトッププロセッサは、現在の「Intel Core 2」クアッドプロセッサと同等の消費電力でより高い性能を発揮できる可能性があるとIntelは述べている。Nehalemは、Intelにとってメインストリーム市場で初めて、4基のコアすべてを1枚のシリコンに搭載したプロセッサになる。

 また、Nehalemの技術的な特長が書かれたIntel IDFの宣伝資料には、Nehalemでは、「作業負荷を減らすと、これまでにない劇的な電力効率を得る」ことができると書かれている。おそらく、IntelはIDFでこのような漠然とした発言の詳細を明らかにするだろう。

 Nehalemよりも近い将来の話になるが、Maximum PCは最近、2.93GHzプロセッサと「X58」チップセット内蔵Intelマザーボードを搭載したNehalem「Bloomfield」デスクトップシステムをテストした。どちらも第4四半期の出荷が見込まれている。

 Nehalemの次に注目度の高い議題は「Atom」だ。Atomは、高性能ではなく、電力効率を重視したプロセッサだ。この小さなモバイルチップの消費電力枠は2.5W以下で、現在主流のIntelモバイルプロセッサの35Wよりもずっと低い。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!