買収戦略でシェアを拡大したインフォアの次なる狙いは?

梅田正隆(ロビンソン) 2009年01月09日 08時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 PE(Private Equity)ファームとのパートナーシップを背景にした積極的な買収戦略を展開し、今日の地位を築いたInfor Global Solutions (インフォア) 。業界ごとにエンド・トゥ・エンドのプロセスの地図を描き、そこに当てはまるソリューションを買収することによってシェアを拡大してきた。

業種特化のERP買収でカスタムを最小限に

「インフォアには、もともと一から開発して作り上げたソリューションがひとつもなかった。まず青写真を描き、その上にERPやSCM、CRMなどをすべてマッピングしていったのだ。ここが他社と大きく違う」

 こう語るのは、日本インフォア・グローバル・ソリューションズの執行役員であり、インダストリーソリューション・ビジネスコンサルティング本部本部長を務める笹俊文氏だ。

笹俊文氏 日本インフォア・グローバル・ソリューションズの笹俊文氏

 笹氏は「業種を超えて幅広く、横串で何でも対応できるようなERPは買収していない」と話す。SAPやOracleも買収を行っているが、インフォアの買収が異なっているのは、組立製造業、プロセス製造業、ロジスティックス、自動車業界、金融など、業種ごとに青写真を描き、その業種に特化して強みを発揮しているベンダーを買収してきたことだ。汎用的なERPではなく、例えば、極端な例としては「カジノ向けERP」「政府向けERP」といった特殊なソリューションを意図的に買う戦略である。

「汎用的なERPはどうしても痒いところに手が届かない部分があり、カスタマイゼーションが起こる。インフォアはそれぞれの業種に特化したERPを買っているため、カスタマイゼーションを最小限にでき、短期導入できる。これがバリューだ」(笹氏)

 そうしたERPに加え、低コストと短期導入を実現する「Infor Fast Start」も提供する。インフォア独自のテンプレートと導入メソドロジーにより、汎用ERPであれば導入に1年、費用が数億円かかっていたところを、導入におよそ6カ月、費用は数千万円で済ませることができる。ビジネスの変化にいかに早く対応させるかを重要視したソリューションという。

ビジネスと技術の両面でユーザーを支える

 インフォアが買収した個々の製品が特定分野で強いことは確かだ。しかし、気になるのは「全体」を俯瞰したときにどうなるのかである。個々のソリューションをどうマッピングし、ユーザーに提案するかが重要となるだろう。笹氏は「ビジネスと技術の両面でユーザーを支える必要がある」と話す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!