テレフォニー機能搭載のCisco IOSに脆弱性--シスコが修正パッチを公開

Marguerite Reardon (CNET News.com) 2005年01月24日 12時26分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Cisco Systemsは米国時間21日、特定のテレフォニー機能を搭載したルータがDoS(サービス拒否)攻撃を受ける可能性があると警告した。

 Ciscoによると、影響を受けるのはIOS Telephony Service、Cisco CallManager Express、Survivable Remote Site Telephony(SRST)の各機能が動作するルータだという。これらは、どれもInternetwork Operating Software(IOS)に組み込まれている機能だ。なおIOSとは、CiscoのIPルータ全機種に採用されているネットワーク機器用オペレーティングシステムのこと。

 CallManager Expressは、CiscoのIPルータ上でIPテレフォニーを実現するための機能である。またSRSTは、支店などで利用されるIP音声ネットワークの耐障害性を高めるために用意された機能だ。例えばWANに障害が発生して支店のIP PhoneとCisco CallManagerとの接続が切れてしまった場合、SRSTが動作してその支店の電話をルータに自動転送する。そして、このルータが処理を引き継ぎ、CallManagerと同じ機能を果たす仕組みになっている。

 これらの機能はどれも、同社独自のSkinny Call Control Protocol(SCCP)を使って実現されている。Ciscoは今回の警告のなかで、SCCPを処理するポートに特定の「不正パケット」が送信されると、デバイスがリロードされてしまう可能性があると述べている。このバグを悪用して、デバイスに不正パケットを大量に送りつければ、デバイスがリロードを何度も繰り返す。つまりこの行為を繰り返すことで、DoS攻撃を引き起こせるのである。

 Ciscoは、今回の脆弱性の影響範囲について、IOSが稼動するデバイスのうち、これらのテレフォニー機能を搭載したものだけだと述べる。この問題を修正するソフトウェアパッチは、同社から無償で提供されている。この脆弱性に関する詳しい情報は、Ciscoのウェブサイトに掲載されている。

 

この記事は海外CNET Networks発のニュースをCNET Japanが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
藤本恭史「もっと気楽にFinTech」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
米ZDNet編集長Larryの独り言
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
田中克己「2020年のIT企業」
大木豊成「Apple法人ユースの取説」
デジタル未来からの手紙
モノのインターネットの衝撃
松岡功「一言もの申す」
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
今週の明言
アナリストの視点
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
スマートデバイス戦略
セキュリティ
ネットワークセキュリティ
セキュリティの論点
スペシャル
de:code
Sapphire Now
VMworld
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
デプロイ王子のテクノロジ解説!
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
さとうなおきの「週刊Azureなう」
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
北川裕康「データアナリティクスの勘所」
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
Windows Server 2003サポート終了
実践ビッグデータ
中国ビジネス四方山話
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化