1月のワーストウイルスはクリスマスカードを装う「Zafi.D」

Will Sturgeon (Silicon.com) 2004年02月02日 12時53分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 クリスマスの料理はとっくに食べ尽くしたというのに、クリスマスをモチーフとしたウイルスがネットワークやシステムにしつこく攻撃を仕掛けている。Sophosによれば、これは「Zafi」ウイルスの亜種で、1月に活動が報告されたウイルスの約半数が同ウイルスに関するものだったという。

 Sophosが米国時間1日に発表したところによると、「Zafi.D」と呼ばれるウイルスが、昨年12月、今年1月と、2か月にわたり、最も多く活動が報告されたウイルスであったという。Zafi.Dはクリスマスカードを装って送られてくるので、ユーザーは友人から送信されたものではないかと勘違いしてしまう。

 Sophosの世界中のラボに報告されたウイルスのうち、44%がZafi.Dに関するものだったという。年末休暇の間はオフィスを閉める企業が多く、1月になって仕事に戻った人々がいっせいに未読電子メールを閲覧したことで、Zafi.Dがまん延したのではないかと考えられる。

 Sophosが発表した1月のウイルス報告件数ランキングには、2004年に猛威を振るった「Netsky」「Bagle」「MyDoom」「Sober」などの“大物”ウイルスたちが顔を見せている。また、11か月も前から対策が施されているにもかかわらず、「Netsky.P」が2位に入っている。

 「Netsky.Pは今でも大きな脅威だ」と、SophosのシニアテクノロジーコンサルタントGraham Cluleyは指摘する。「このワームへの対策は、2004年3月にはすでに公開されていた。だが困ったことに、コンピュータに何の防御手段も講じないまま、インターネットへ接続するユーザーが後を絶たない。こうしたコンピュータがワームの繁栄を手助けしているのだ」(Cluley)

 2005年1月に報告の多かったウイルスのトップ10は以下のとおり。

  1. Zafi.D - 44 %
  2. Netsky.P - 19.4 %
  3. Zafi.B - 10.1 %
  4. Sober.I - 6.3 %
  5. Netsky.D - 3.2 %
  6. Netsky.Z - 3.1 %
  7. Bagle.AA - 2.1 %
  8. Netsky.B - 1.9 %
  9. MyDoom.O - 1.2 %
  10. Netsky.C - 1.1 %

この記事は海外CNET Networks発のニュースをCNET Japanが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
藤本恭史「もっと気楽にFinTech」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
米ZDNet編集長Larryの独り言
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
田中克己「2020年のIT企業」
大木豊成「Apple法人ユースの取説」
デジタル未来からの手紙
モノのインターネットの衝撃
松岡功「一言もの申す」
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
今週の明言
アナリストの視点
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
スマートデバイス戦略
セキュリティ
ネットワークセキュリティ
セキュリティの論点
スペシャル
de:code
Sapphire Now
VMworld
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
デプロイ王子のテクノロジ解説!
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
さとうなおきの「週刊Azureなう」
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
北川裕康「データアナリティクスの勘所」
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
Windows Server 2003サポート終了
実践ビッグデータ
中国ビジネス四方山話
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化