MS、ビジネス分析ツールを買収--「Great Plains 8.0」を強化

Dawn Kawamoto (CNET News.com) 2005年03月15日 11時43分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは米国時間14日、同社のビジネス分析モジュールを強化するため、ビジネスパートナーのProfessional Advantageから技術買収を行ったと発表した。

 Microsoftが取得したのは「Analysis Cubes for Excel」というツール。同ツールは、Microsoftの「Great Plains 8.0」の拡張モジュールの1つとなる。これらの拡張モジュールは、ユーザーがデータをさまざまな観点から調査/分析して、情報をより多角的にとらえるのを支援する目的で設計されている。

 Great Plains 8.0のそのほかの拡張モジュールには、「Key Performance Indicators for Microsoft Business Solutions Portal」や「Microsoft Office Solution Accelerator for Sarbanes-Oxley」が含まれる。

 今回のAnalysis Cubes for Excelの取得は、ビジネスエンタープライズアプリケーション分野に食い込むためのMicrosoftの取り組みの一環である。

 同分野へ進出しようという試みは、「Project Green」という計画の下、数年来行われてきた。この計画では、4つの重複するビジネスアプリケーションセットを1つのコードベースに統合することになる。

 同技術の取得に関わる詳細は、明らかにされていない。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをCNET Japanが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR