東芝が西田執行役専務の社長就任を発表

井上隆行(CNET Japan編集部) 2005年02月22日 17時52分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東芝は2月22日、同日開催の取締役会において、執行役社長候補を西田厚聰(にしだあつとし)氏としたことを発表した。6月下旬に開催される株主総会後の取締役会で正式に決定する予定。社長就任は6月下旬を予定している。

 これに伴い、取締役会長の西室泰三氏は相談役に、執行役社長の岡村正氏は取締役会長にそれぞれ就任する。

 西田氏は、1970年に東京大学法学政治学研究科修士課程を修了後1975年に東芝に入社し、東芝ヨーロッパ社上級副社長、東芝アメリカ情報システム社社長、パソコン事業部長を歴任した後、97年に取締役に就任。現在は執行役専務を務める。

東芝のプレスリリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
運用管理

関連ホワイトペーパー

SpecialPR