チェック・ポイントが全21ソフトの新版を5月30日に出荷

日川佳三(編集部) 2005年05月17日 18時16分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ファイアウォール・ソフト大手のチェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズは5月30日、イスラエルCheck Point Software Technologiesが開発したセキュリティ関連ソフト全製品21種の新版を出荷する。価格は据え置きで、320万円から。

 新版では、セキュリティ機能を高めるとともに、同社が出荷する異なる複数のソフトを単一の管理コンソールから集中管理できるようにした。例えば、セキュリティ・ルータの「VPN-1」と侵入防止システムの「InterSpect」を同一の管理者が管理できる。個々のソフトのセキュリティ設定を集約することで、従来よりも運用管理コストを削減できる。

 セキュリティ・ソフトでは、セキュリティを保ちつつ、エンドユーザーに多くのアプリケーションを使わせる利便性の確保が重要になる。新版では、Point-to-Pointアプリケーションなど制御可能なアプリケーションを増やした。VoIPも制御可能にした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR