NTT Com、サーバホスティングに不正アクセス対策サービスをオプションで提供

エースラッシュ 2005年08月01日 20時08分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は8月1日、顧客ごとに専用サーバを用意するホスティングサービス「パワープラットフォームホスティングサービス」において、不正アクセスに対する防御機能を標準装備した「セキュリティパックEntry」の提供を開始した。あわせて共有型ファイアウォールの「エントリーパック」の提供も開始した。

 「セキュリティパックEntry」はインターネット セキュリティシステムズ製のIPS付き統合アプライアンス「Proventia M10」を専用ファイアウォールとして使用し、帯域確保型の100Mbpsインターネット接続と24時間365日の監視・サポート、SLAをパッケージ化したもの。ファイアウォール機能とIPS機能を持ち、さらにOSの重要なパッチ情報をリリースと同時に知らせるパッチインフォメーション機能も搭載している。「エントリーパック」は、ファイアウォール機能のみを提供する。

 価格は「セキュリティパックEntry」が税込みで初期費用8万7885円、月額9万9960円。「エントリーパック」が税込みで初期費用4万1475円、月額5万9430円となっている。同社は販売目標を年内50セットとしている。

NTTコミュニケーションズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?