編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

ラック、情報漏洩診断サービスにメニューを緊急追加--7割のサイトに欠陥

別井貴志(編集部)

2005-05-24 22:02

 カカクコムや上毛新聞や静岡新聞など、第三者によるウェブサイトへの不正アクセスなどの攻撃が多発している。

 こうした状況を重く見たラックは、「ホームページ情報漏洩診断サービス」の新メニューを5月24日に緊急追加した。このサービスは、実際の攻撃を想定した疑似攻撃を行うことでウェブサイトのさまざまな欠陥を検出して、発見された欠陥をレポートし、欠陥を修復するための対策や方法をアドバイスするサービスだ。

 同社では「一般的に行われる診断ツールを使ったチェックとは異なり、スタッフの手でチェックするので、それぞれのウェブサイトに合わせて細部までしっかりと診断することができる」としている。同社のセキュリティ専門スタッフは総勢でおよそ200人いるが、そのうちホームページ情報漏洩診断サービスの専属は50人強にのぼる。

 ホームページ情報漏洩診断サービスのメニューは以下のとおり。

(1)ホームページ安全点検パック(新メニュー)

  • 価格、診断に要する期間:39万円、1日間
  • 内容:ウェブサイトに対して網羅的な診断を行い安全性を確認してレポートする。欠陥があった場合には対策や修復方法も提示する。

(2)ホームページ情報漏洩診断スピードパック(新メニュー)

  • 価格、診断に要する期間:78万円、3日間
  • 内容:注文画面やアンケート画面など情報漏洩の恐れのあるページに対して集中的に診断し、安全性を確認してレポートする。欠陥があった場合には対策や修復方法も提示する。

(3)ホームページ情報漏洩診断トータルパック

  • 価格、診断に要する期間:個別見積もり
  • 内容:すべてのウェブサイトに対して顧客とヒアリングしながら要望に応じて診断し、安全性を確認してレポートする。欠陥があった場合には対策や修復方法も提示する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  2. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  3. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

  4. クラウドコンピューティング

    クラウドの障害対策を徹底解説!4つの方法とメリット、デメリット

  5. セキュリティ

    サイバー犯罪の標的となるMicrosoft製品、2019年に悪用された脆弱性リストからの考察

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]