ジャスミンソフトが住所表記の正規化ソフトを出荷、顧客データ統合化ミドルOracle CDHと連携

日川佳三(編集部) 2005年08月08日 17時03分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本オラクルは8月8日、業務システムごとに分散する顧客データを統合化するミドルウェア「Oracle Customer Data Hub」(CDH)に対して、他システムと連携しやすいよう機能拡張を施したことを明らかにした。同機能を利用したソフトとしてジャスミンソフトが8月8日、住所データの表記を日本郵政公社の方式に統一する変換ソフト「住所正規化コンバータ for Oracle」を出荷した。価格は1CPUライセンスが8万円。保守料は年間1万6800円。

 住所正規化コンバータとCDHは、CDHが定めたXMLメッセージをHTTPで転送することで連携する。住所正規化コンバータはCDHからリクエストを受けて変換前の住所データを入手、住所表記を正規化した上でCDHに返答を返す。住所正規化コンバータはJavaアプリケーションであり、稼動環境を選ばない。ネットワーク上に住所正規化コンバータを動作させたサーバを配置することで、クライアントであるCDHから利用できるようになる。

 日本オラクルはCDHを用いた顧客データの統合化に注力しており、今回の住所正規化コンバータとのXML連携は日本オラクルからジャスミンソフトに声をかけて実現したものだ。6月22日には、日本オラクルは企業情報データベース「COSMOS2」を出荷する帝国データバンクと共同でCDHを販売する旨を発表している。2005年内に帝国データバンクの既存顧客80社に対して日本オラクルと帝国データバンクが共同でCDHの営業を仕掛け、10社を目処にCDHを販売する見込みである。

 COSMOS2は帝国データバンクが出荷する企業情報データベース。全国全業種124万件の企業情報を集録している。株主、取引銀行、仕入先、得意先、業績、代表者など、信用調査によって収集した40数項目のデータを持つ。帝国データバンクが割り振った1社1コードの企業コードは同社のウェブページからダウンロード可能であり、他社が実施する各種のサービスから同コードが利用されている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
藤本恭史「もっと気楽にFinTech」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
米ZDNet編集長Larryの独り言
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
田中克己「2020年のIT企業」
大木豊成「Apple法人ユースの取説」
デジタル未来からの手紙
モノのインターネットの衝撃
松岡功「一言もの申す」
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
今週の明言
アナリストの視点
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
スマートデバイス戦略
セキュリティ
ネットワークセキュリティ
セキュリティの論点
スペシャル
de:code
Sapphire Now
VMworld
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
デプロイ王子のテクノロジ解説!
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
さとうなおきの「週刊Azureなう」
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
北川裕康「データアナリティクスの勘所」
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
Windows Server 2003サポート終了
実践ビッグデータ
中国ビジネス四方山話
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化