ワイズノット、OSSグループウェア「Group-Office」をレンタルサーバにバンドル

ニューズフロント 2005年09月14日 17時24分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ワイズノットは9月13日、同社のレンタルサーバにオープンソースグループウェア「Group-Office」の日本語版をバンドルして提供を開始した。さらに、同社はGroup-Officeの日本語コミュニティ「Group-Office JAPAN」の運営を支援し、包括的サポートサービスも提供する。

 Group-Officeは、オランダIntermeshが開発したオープンソースのグループウェアだ。スケジュール管理やタスク管理、アドレス帳、ファイル共有管理など、一般的なグループウェアと同等の機能を備える。27言語に対応しており、複数言語間での情報共有が可能。アクセス権をグループごとに設定すると、情報の一元管理とセキュリティを両立できる。オープンソースであるため、利用者の増員にともなうライセンス追加購入などは必要なく、運用コストの抑制効果も期待できる。

 なお、現在コミュニティでは施設予約機能の開発を進めている。その他機能についても、コミュニティを中心に開発していく。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
データドリブンな経営
情報通信技術の新しい使い方
米ZDNet編集長Larryの独り言
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
田中克己「2020年のIT企業」
大木豊成「Apple法人ユースの取説」
林雅之「スマートマシン時代」
デジタルバリューシフト
モノのインターネットの衝撃
松岡功「一言もの申す」
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
今週の明言
アナリストの視点
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
モバイルファーストは不可逆
通信のゆくえを追う
スマートデバイス戦略
セキュリティ
ベネッセ情報漏えい
ネットワークセキュリティ
セキュリティの論点
OS
XP後のコンピュータ
スペシャル
より賢く活用するためのOSS最新動向
HPE Discover
Oracle OpenWorld
AWS re:Invent 2015 Report
「Windows 10」法人導入の手引き
北川裕康「データアナリティクスの勘所」
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
マーケティングオートメーション
AWS re:Invent 2014
Teradata 2014 PARTNERS
Dreamforce 2014
Windows Server 2003サポート終了
実践ビッグデータ
VMworld 2014
中国ビジネス四方山話
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化
NSAデータ収集問題