日本IBMの仮想化ソフトスイート「VE 2.0」、新版は情報管理ソフトを追加

ニューズフロント 2005年11月09日 14時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本IBMは11月9日、仮想化技術を搭載したソフトスイート製品の新版「IBM Virtualization Engine(VE)2.0」を発表した。同社製品だけでなく他社のOS、ハード、ソフトに対応しており、異機種混在環境のサーバやストレージなどを統合することで単一システムとして一元管理/運用できる。

 新版は自動化機能を強化した。異機種混在環境でも、オープンなインターフェースやWebサービスを用いてハード資源やソフトの稼働状況を監視できる。メモリやプロセッサなどのIT資源が不足してボトルネックが生じている場合は、システムが自動的に資源を適切に配分し直す。そのため、管理者の対応を待つ必要がなくなる。

 また、異機種混在環境でサーバ、ネットワーク、データベース、アプリケーションなどの情報を一元管理するソフト「Virtualization Engine Resource Dependency Services」を、新たに追加した。

 VE 2.0を構成する各ソフト製品の税込み価格は以下のとおり。

  • Virtualization Engine Enterprise Workload Manager:46万320円から(1プロセッサ)
  • IBM Director with Virtualization Engine Console:3万3495円から(1プロセッサ)
  • Virtualization Engine Resource Dependency Services:924万円から(1サーバ)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?