朝日新聞社、VMware ESX ServerでSUSサーバを低コストに導入

CNET Japan Staff 2005年12月01日 05時02分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ヴイエムウェアは11月30日、朝日新聞社がVMware仮想インフラストラクチャソフトウェア製品を導入し、低コストなシステム拡張に成功したことを発表した。

 朝日新聞社では2004年末、社内に数多く導入されているWindowsマシンに対して、セキュリティパッチなどのインストール作業を自動化するために、マイクロソフトの「Software Update Services(SUS)」の導入が検討された。しかし、1台のマシンで稼働するSUSがパッチのアップデート定義をひとつのパターンしか持てないため、ハードウェアのコスト、およびサーバルームの面積を取ってしまうことが問題となっていた。

 これらの問題を解消するために同社は、複数の仮想サーバを単一の物理サーバで動かすことのできる「VMware ESX Server」を採用。3台の物理サーバを導入し、それぞれを3つの仮想マシンとして運用し、合計9つの仮想サーバ上でSUSサーバとして稼働させた。

 なお、SUSの次バージョンでは、1台のマシンで複数のアップデート定義を持てるようになる予定だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!