編集部からのお知らせ
テレワーク関連記事一覧はこちら
新着PDF:RPA導入企業、その後

デル、ハードとソフト、サービスを一括提供するサーバ統合/仮想化パッケージ

ニューズフロント

2005-11-30 15:48

 デルは11月30日、ヴイエムウェアの仮想化ソフトによるサーバ統合と仮想化に必要なハードやソフト、サービスを一括提供するパッケージ製品「Dell|VMware 仮想インフラストラクチャ・プラットフォーム」を発表した。

 このパッケージ製品は、デルのサーバ「PowerEdge」、ストレージ「Dell | EMC CX/AX」、システム構築サービスと、仮想化ソフト「VMware ESX Server」およびVirtual SMPオプション、VirtualCenter、P2V Assistantなどのソフトをセット提供するネットワールドの「VMware Virtual Infrastructure Starter Kit」などで構成する。含まれるハードはすべてデルとヴイエムウェアが検証しているため、短期間、低リスクでのシステム導入が可能になる。

 構築するシステムの規模に応じ、3種類のパッケージを用意する。概要と税込み価格は以下のとおり。

  • CX300 SANプロダクション・システムモデル:VMware ESX Server(4ノード)、Virtual Center、CX300 SAN、ヴイエムウェア製品オールインワン、システム構築サービス付き。2309万1180円
  • AX100 SAN - VMotionエントリーモデル:VMware ESX Server(2ノード)、Virtual Center、AX100 SAN、システム構築サービス付き。1019万2455円
  • シングル・サーバモデル:VMware Virtual Infrastructure Node(P2V Assistantなし)、機器設置/導入サービスとシステム構築サービスはオプション。175万7175円

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]