編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

ヴイエムウェアなど、仮想化オープン規格の制定に向けて提携

WebBCN (BCN)

2005-08-10 11:01

 米ヴイエムウェアは、仮想化のオープン規格制定に向け、米国内の業界各社 と協業すると発表した。協業するのは、AMD、BEAシステムズ、BMCソフトウェ ア、ブロードコム、シスコ、コンピュータ アソシエイツ インターナショナル、 デル、エミュレックス、HP、IBM、インテル、メラノックス、ノベル、キュー ロジック、レッドハットの各社。

 今回の協業で、同社は「VMware Community Source」という新しいプログラ ムを制定、VMware ESX Serverのソースコードとインターフェースをパートナー 各社に提供する。同プログラムはコラボレーションに基づく開発モデルとガバ ナンス共有を通じ、パートナー各社がVMware ESX Serverの方向性に寄与でき るようにするもの。

 同社では、VMware ESX Serverのオープンソース化によって、オープン規格 による仮想化インターフェースが使用可能になり、相互運用性とサポート性の 拡大、新しい仮想化対応技術の促進などが期待されるとしている。

ヴイエムウェア

VMware Community Source

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]