ブラザー工業、グリッド技術応用のコンテンツ配信システムを開発

エースラッシュ 2005年12月12日 20時28分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ブラザー工業は12月12日、産業技術総合研究所 グリッド研究センター、早稲田大学 村岡研究室、エクシングと共同でグリッド技術を応用したコンテンツ配信システム「CDGシステム」を開発したと発表した。

 CDGシステムはPC/STB/デジタル家電といった端末のCPUやメモリ、端末に接続したネットワークなどのリソースをシステム全体で共有してコンテンツ配信に利用するシステムだ。開発された新規アルゴリズムによって、各端末がアクセス頻度に応じて自立的にコンテンツをキャッシュ内に最適配置し、システム全体の負荷を分担することが可能になったという。配信時にはネットワーク的に一番近い端末を選択し、共有キャッシュの中から自立的にコンテンツを取り出すため、配信サーバ自体が不要になる。

 セキュリティは、既存のDRMやグリッド技術に使用される電子認証システムに、独自のコンテンツ保護セキュリティ技術を加えることで高いセキュリティを実現した。さらに既存コンテンツ配信システムと比較した場合、配信コストを数1000分の1にすることが可能だとしている。

 利用するユーザーが増えてもシステムの安定性が保たれるため、多数のユーザーから一度に大容量コンテンツへのアクセス要求があった場合でも、配信遅延などの問題が発生しにくい。また、システム構築のための費用や、ユーザー数が増加した場合の運用コストなども抑えることが可能だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから