日本HP、SCMの需給計画業務を改善する「RapidResponse需給計画ソリューション」

エースラッシュ 2005年12月19日 18時48分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本ヒューレット・パッカード(日本HP)は12月19日、サプライチェーンにおける需給計画業務の改善支援をする「RapidResponse需給計画ソリューション」を発表した。

 加Kinaxisが提供する「RapidResponse」は、「最適解は人が決定する」というコンセプトをもとに、人間の意思による迅速かつ効果的な需給調整業務を可能にする次世代需給計画ソリューション製品だ。高速な需給計画エンジンの採用、仮説検証型シミュレーションが可能、組織や会社の壁を超えるコラボレーション機能、サプライチェーン全体の可視化ができるといった特徴がある。今回発表されたRapidResponse需給計画ソリューションは、加Kinaxisの日本法人であるキナクシス・ジャパンとの再販契約に基づき、日本HPがRapidResponseの販売および導入効果測定、業務コンサルティング、システム構築、導入支援、運用支援をする。

 RapidResponse需給計画ソリューションの具体的な内容は、適合性評価に加えて導入目標設定や実現へのステップを明確にする導入診断アセスメント、サプライチェーンや製品の特性に合わせた業務プロセスの改善を提案する導入支援コンサルティング、業務プロセスに沿った需給計画システムの設計や構築をするシステム構築サービスなど。さらに、導入支援サービスや運用支援サービスも提供される。

 日本HPではRapidResponse需給計画ソリューションを、日本企業向けグローバルSCMソリューションの中核としてハイテク製造業界、製造装置業界、医療機器業界、自動車および自動車部品業界での採用を進める。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR