デネット、小規模企業や個人経営店向けの低価格な会計、顧客管理ソフト新版

WebBCN (BCN) 2006年01月16日 11時48分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 デネット(岩見武社長)は小規模企業や個人経営店向けの業務ソフト「かんたん商人(あきんど)」の新バージョンを2月17日に発売する。「かんたん商人 見積・納品・請求2」(価格:5000円)「かんたん商人 出納帳2」(5000円)「かんたん商人 顧客管理2」(価格:6000円)の3タイトル。

 「見積・納品・請求2」は「見積書」「納品書」「物品受領書」「請求書」「合計請求書」「請求明細書」「領収書」の作成・印刷を行うソフト。検索や郵便番号からの住所の自動入力、伝票表題変更などの機能を追加した。

 「出納帳2」はマウスとキーボードで入力すればソフトが自動的に計算、出納帳を作成するのが特徴。ほかにも印刷や検索といった機能を充実させ使い勝手を向上させた。

 「顧客管理2」は必要な機能だけに絞り込み、パソコン初心者でも簡単に利用できるようにした顧客情報管理ソフト。顧客データを抽出した印刷や宛名印刷が可能。郵便番号のデータはインターネットで最新版に常に更新する。顧客データの印刷サイズの拡大や印刷設定の保存や入力データをパスワード設定で保護することもできる。

 動作環境は3タイトルともにOSがWindows XP、200、Me、98、HDDの空き容量100MB以上、メモリ128MB以上など。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?